ロードバイクの空気ってどれ位入れたらいいの?

Pocket

  以外と知らない?空気圧の話

おはよー

最近よくタイヤやチューブを交換するしょーきちです。

ということで今日はタイヤの空気圧について。


まずは知ろう空気圧の単位

長さや面積にも単位がある通り、空気圧にも単位があります。

覚えておく単位は大きく分けて2つ

・BAR

・PSI

イメージとしては速度の単位「キロ」と「マイル」みたいな関係です。

7bar=約100psi

と覚えておきましょう!

基本は7 BAR!?

メーカーによっても違うが、基本適正な空気圧は7barです。

特に要望がなければとりあえず7barにしとけば間違いないでしょう。

微調整は

慣れてくると自分好みの走りを追求したくなります。

そういった時に空気圧の上げ下げ。

空気圧を高めにする

メリット:抵抗が減るため走りが良く感じる。

デメリット:乗り心地・ライディング共に悪くなる。

空気圧を低めにする

メリット:グリップ・振動吸収性が良い

デメリット:抵抗が増えるため走りに違和感が

とまあこんな感じです。

または各人の体重も関係してくるので、色々試して自分にあった空気圧を見つけて見ましょう!

おすすめグッズ

空気入れはメーターのついたものをおすすめします。

空気圧がどれ位か目視できないと意味ないですからね。

ちなみに僕が使用しているのは以下のサイトのものです。

SPECIALIZED

SILVER
Air Tool HP Floor Pump

アマゾンに売ってないみたいなんでURLからのリンクです。

自転車屋さんのおすすめで、エアポンプは何個も買うものでないから初めにある程度のを購入しといたほうがいいということでした。

ちなみにアマゾンサイトではパナレーサーのものが人気らしいですね!

ロードバイクのエアバルブは基本仏式だと思いますが、購入の際には事前に確認しておきましょう!!

まとめ

空気圧の基本は7barで。

それ以降は自分の走りにあった空気量を見つけてみましょう!!

Pocket

スポンサーリンク
広告 336 ✕ 280
広告 336 ✕ 280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告 336 ✕ 280